肝臓を元気にする、ごま油!二日酔いや肝硬変にも効果がある!【林修の今でしょ!講座】 

こんにちは!こんばんは!

かっぽです。

 

 

以前放送された、

 

『林修の今でしょ!講座』

「名医が選ぶ最強油No.1」

 

という特集で紹介された、油の効果を

連日ご紹介していました。

 

 

今回は、

「肝臓を元気にする、ごま油」

のお話です!

 

 

 自覚症状がほとんど出ない肝臓

 

肝臓は、

 

●アルコール摂取の多い人
●暴飲暴食ぎみの人

 

は要注意!

特に「肝硬変」になったら、もう大変です!(+o+)

 

「肝硬変」は肝臓が硬くなる病気。

 

● 肝臓の機能が低下


● 疲労感や食欲不振

● 悪化すると肝臓がんになる可能性もある

 

 

肝臓は、自覚症状があまり感じられないため、

沈黙の臓器「肝臓」と言われているそうです。

 

kanzo

上が健康な肝臓、下が肝硬変になった肝臓です。

 

 

ちょっとグロいですが、

上の肝臓は生のレバーって感じで、

下の肝臓は火を通したレバーって感じですね。

 

 

 意外にスゴい!ごま油の効果!

 

で、

名医がおススメの、肝臓に効果的な油というのが、

 

「ごま油」

 

身近にあるので軽視していましたが、

実はスゴい油だったんです!

 

 

「クレオパトラもごま油を愛用していた。」

というので、ずいぶん歴史のある油なんですね。

(・・・って言うか、世界的なもの?)

 

 

inu 肝臓が悪くなる流れ

 

1.肝臓は人間の体に余計なものを解毒する

2.食べ過ぎ飲み過ぎの場合も、肝臓は解毒(分解)をしてくれる。

3.肝臓が栄養・毒素を分解した時に「活性酸素」が出る。
 ※活性酸素⇒肝臓が毒素などを分解した後の燃えカス
  肝臓の細胞を痛めつけやすい。

4.通常なら体が活性酸素をやっつけてくれるが、
食べすぎ飲み過ぎると、活性酸素が増えすぎて肝臓を攻撃

5.滑性酸素の攻撃で肝臓の細胞が死滅してしまう。


6.最終的には肝硬変

 

 

inu ごま油は、活性酸素をやっつける!

 

ごま油に含まれる

 

「リグナン」

 

という物質が、活性酸素を捕まえて壊してくれます。

 

スポンサードリンク


 

 

 活性酸素をやっつける、ごま油レシピ

 

名医ご推薦の、

活性酸素ができても、やっつけてくれる

レシピのご紹介です!

 

【 レバニラ炒め 】

 

erbanira

 

レバニラ炒めを作る時に使う油を、

「ごま油」

にするだけです。

 

 

「レバーとニラはビタミンAが豊富です。」

 

 

ビタミンAにも、ごま油のリグナンと同様に、

活性酸素から肝臓を守る働きがあります。

 

 

ビタミンAは油に溶ける栄養素なので
ごま油と一緒に調理すると良いです。

 

 

 二日酔い対策になる、ごま油

 

ごま油は、二日酔い対策にもなるそうです。

 

 

inu アルコールの分解と二日酔いの原理

 

1.アルコールは肝臓で分解される。

2.アルコールが分解されると、
「アセトアルデヒド」という物質になる。

3.アセトアルデヒドは更に、

「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」によって、

分解されて「酢酸」になる。

4.最後は炭酸ガスと水にまで分解される。

 

 

この、アセトアルデヒドが分解されないと、
いつまでも体内をまわって、

気分が悪くなるというわけです。

 

更に、いつまでも分解されない状態が続くと、

肝硬変になる可能性が高くなります。

 

 

inu アセトアルデヒドを排出する、ごま油の成分

 

そこで再登場するのが、ごま油に豊富に含まれる

 

「リグナン!」

 

さきほど、「活性酸素をやっつけてくれる。」

ということで登場した物質ですネ!

 

このリグナンは、二日酔いの原因となる、

「アセトアルデヒド」を体外に出してくれます。

 

 

inu アセトアルデヒドを排出するごま油の成分

 

二日酔い対策におススメの料理は、ズバリ!

 

「ごま油を使った餃子」です!

 

 

アルコールと一緒に食べると良いそうですが、

アルコールを飲む前に、

ごま油をとるのも良いそうです。

 

ごま油は胃に膜を作って、
アルコールの吸収を抑えてくれます。

 

アルコールが急に体に回らないように

してくれるのです。

 

スポンサードリンク


 

 

inu ごま油の適量

 

健康のために摂取する、ごま油の適量は、

 

「1g程度」

 

です。

 

ちなみに油の種類による、

カロリーの違いはほとんどないとのこと。

 

 

< 油1gあたりのエネルギー量 >

ごま油 9.21 kcal
こめ油 9.21 kcal
紅花油 9.21 kcal
オリーブオイル 9.21 kcal
アーモンドオイル 9.21 kcal
ココナッツオイル 9.21 kcal

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
inu ごま油好きにおススメの高級ごま油♪

 

私はごま油が大好きで、

わが家では、ごま油がアッと言う間に無くなります。

 

特に、「やみつきキャベツ」は我が家の人気メニュー!

 

1.ごま油に“あろしにんにく”を少量入れる。

2.そこに少しだけ塩を入れる。

3.そこに塩こんぶを混ぜる。

4.ざく切りにしたキャベツに、その塩こんぶを振りかける。

 

・・・という、カンタンメニューです。

 

ごま油の量に対して、塩こんぶが多いと、

塩こんぶが、ごま油を全部吸っちゃいますので、

塩こんぶがひたひたになるぐらいの

ごま油の量が適量です。

 

 

ごま油料理が多いと、

どうしても「質の良い」ごま油が

気になってしまいます。

 

いま私が一番気になっているのがこれ↓

※画像クリック(タップ)で商品ページが開きます♪

 

【 風味・色が異なる5種類のごま油セット 】

● 太白胡麻油
● 太香胡麻油 ごくうす
● 太香胡麻油 うす
● 遠赤焙煎胡麻油
● 太香胡麻油 こいくち

 

の、5種類の胡麻油のセットです!

 

それぞれの味の特徴は、

商品ページでご確認下さいネ!

 

とてもごま油とは思えない、

おしゃれなビンもいいカンジです。

 

ぜひ、食べ比べをしてみたいですね(*´ω`)

 

 

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]