TBSドラマの『隠蔽捜査』、親父だらけなのに結構ハマる♪こんにちは!こんばんは!かっぽです。

 

私はテレビドラマが大好きなので、上っ面の評判には騙されない自信があります!

高視聴率記録を樹立し、流行語大賞まで受賞した、あの『半沢直樹』も、ドラマスタート前の番宣(番組宣伝)の段階で、

「これは絶対ウケる!」

…と、見抜いていました。

…くだらない自慢ですネ(苦笑) 大変失礼いたしました(^^;)

 

その私が、いま一番ハマっているドラマが、

『隠蔽捜査』

TBS系列で月曜夜8時から放送しています。

TBS月曜、夜8時と言えば…

そうです!かつて、『水戸黄門』を放送していた枠です。

 

スポンサードリンク


 

水戸黄門が終了してからの、この番組枠は、地道に面白いドラマが多いんですよ!

なのに、視聴率がイマイチだそうです。

つまらないドラマが高視聴率を獲得する中で、

「早く続きを観たい!」

と、思わせてくれるドラマが低視聴率だなんて、何ともったいない!

地味なタイトルのせいか、はたまた、この時間帯でのドラマはウケないのか…。

 

それはさて置き、この枠で現在放送中の『隠蔽捜査』

個人的には、今クールのドラマの中で、一番楽しみにしているドラマです(*´з`)~♪

このドラマ、メインキャストが、

杉本哲太さん

sugi

 

吉田新太さん

shinta

 

生瀬勝久さん

ikuse

 

という、見事な“おやじ”揃い(;^ω^)

それ以外にも、華など一切無く、そこら辺にいくらでも居そうな“おやじ”が、続々と登場します。

ジャニーズや、話題のイケメン君が登場するドラマとは、全然正反対!

「話題」「イケメン」で視聴者を釣ることも無く、100%、ドラマ構成と出演者の演技力頼みです。

 

スポンサードリンク


 

実は番宣段階では、私も、

「何だか期待できないなぁ~(;´Д`)」

と思っていました。

 

ところが第1話から面白かった!!!

 

杉本哲太さん演じる、主人公の竜崎 伸也は、東大卒の警察庁のキャリア。

キャリア組の中でも、エリート中のエリートコースである、警察庁長官官房総務課課長という役職でした。

しかし、あまりにも実直すぎる性格ゆえに、曲がったことは許せない。

そのため、警察内部の犯罪や、身内の不祥事を『隠蔽』することもできず、馬鹿正直に公表し、その結果、大森北警察署署長という降格人事となります。

それでも常にブレずに、いかなる状況でも正義を貫く彼。

その姿に、最初はお堅い彼を煙たがっていた回りの人間も、彼に心を開き始めます。

また、上下関係の厳しい警察の中で、常に空気を読んでいた県警の警察官らも、彼に心を開き、付き従うようになります。

また、古田新太さん演じる伊丹 俊太郎は、警視庁刑事部部長で、こちらもキャリア組。

ただし私立大学卒業で、東大卒が占める警察庁キャリア組の中では、多少変わり種。

竜崎とは小学校時代からの親友で、この“おやじ”二人の熱い…ではなく、暑くるしい(?)友情が、何とも言えず、

「いいカンジ!(≧▽≦)」

 

おやじ、おやじ、またおやじ~の、おやじ臭満載のドラマですが(いえ、加齢臭はしませんよ)、

観ていてすごく落ち着きます!

もう、『水戸黄門』並にシリーズ化して欲しいくらい。

この時間枠は、このような地道な路線をずっと継続していって欲しいです。

 

【画像引用元】TBSオンデマンドより

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]