救急車や消防車と衝突事故になったら、自分は罪になる?<道交法の話>こんにちは!こんばんは!

かっぽです。

 

道交法の停止義務

 

今日はなぜか、

“ぶつかりそうになる”日

でした(;´Д`)

 

社内では、

壁のコーナーの所で、

向かい側から来た人と

ぶつかりそうになったのが、

本日の1回目。

 

その次は帰宅の時。

(マイカー通勤です。)

 

それは、

駐車場を出てふたつ目の

交差点で起こりました。

 

Sponsored Links

 

裏道の信号の無い場所で、

私側には停止の義務は無い交差点。

 

突然左側から、

一旦停止を無視した車が

猛スピードで、

私の車の鼻先を通過。

 

どうやら、その先にある信号が

青だったので、

急いだようですが、

もし私が徐行してなければ、

大事故になっていました。

 

やめてよね!(一一”) 

娘の大学受験前に事故だなんて

冗談じゃない!

 

その交差点、

私は“万が一”を考え、

徐行して通過しますが、

中には

「こっちは止まらなくて

いいもんね~。」

とばかりに、

速度を落とさず通過する車も多いです。

 

でも道交法では、

例え停止義務がなかったとしても、

『徐行』の義務はあります。

 

なので、

仮にこっち側に“停止義務”が無く、

相手側に“一旦停止”の標識が

あったとしても、

腹の立つことに、

私のほうにも『過失』が

何割か発生してしまいます。

 

用心深く“徐行”していたお陰で、

危うく大事故になるのを免れて

ホッとした私。

 

救急車と正面衝突ーーーっ(>_<)

 

それから約10分後のことです。

 

今度は国道と接続するT字路の、

右折レーンの先頭で、

私の車は信号待ちをしていました。

 

やがて信号が青になり、

私は右折し、

片道2車線の国道の右側を

走行し始めました。

 

すると突然、

正面に救急車がぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!

Σ(゚Д゚:)

 

きゃー!!!

救急車とぶつかるぅ~~~

(≧□≦)

 

私、急ハンドル!

左側にいた車も急ハンドル!

救急車も、心なしか急ハンドル!

 

左側側を走っていた車が、

道路側面に急停車してくれたので、

私も逃げる場所ができ、

救急車を避けることができました

(*´Д`)ホッ

 

瞬間でしたが、救急車のほうも、

慌ててハンドルを切っているのを、

私は見逃しませんでした。

 

どうやら救急車は、

夕方時のラッシュで車が滞っていたため、

前に進めなかったようです。

 

そこで、

混んでいる車の列から抜け出し、

ガラ空きだった対向車線を

逆行してきたようです。

 

私にはぜんぜんっ、

サイレンが聞こえませんでした(;゚Д゚)

 

私と同様、

T字路から国道に入ってきた他の車も、

どうやら聞こえなかったようです。

急なハンドルの切り返しが

それを証明しています。

 

救急車は、対向車線の車の陰から、

突然目の前に飛び出てきたので、

 

マジ、

命の危険を感じた瞬間です…((+_+))

 

緊急車両とぶつかったら罪になる?

 

後になって、ふと、

「もし、緊急車両と

正面衝突になった場合、

私は罪に

なるんだろうか!?」

と疑問に思いました。

 

そこで、少し調べてみました。

 

道交法より抜粋

 

【緊急自動車の優先】第40条

交差点又はその附近において、
緊急自動車が接近してきたときは、
路面電車は交差点を避けて、
車両(緊急自動車を除く。
以下この条において同じ。)は
交差点を避け、かつ、
道路の左側
(一方通行となっている
道路においてその左側に寄ることが
緊急自動車の通行を
妨げることとなる場合にあつては、
道路の右側。
次項において同じ。)
に寄つて一時停止
しなければならない。
 
前項以外の場所において、
緊急自動車が接近してきたときは、
車両は、道路の左側に寄つて、
これに進路を譲らなければならない。
つまり…

 

救急車や消防車、

パトカーなどの緊急車両が

サイレンを鳴らしながら

近づいてきた場合…

 

サッサとどかんと、

アンタらみんな、

道交法違反だかんね!

 

…ってことです。

 

Sponsored Links

 

緊急車両は、赤信号での通過や、

対向車線の逆行を許可されているので、

例えこちら側が青信号だろーが、

走行車線であろーが、

 

「緊急車両を邪魔した。」

 

…という時点で、

もうこっち側が道交違反に

なっちゃうわけです。

 

過去には、

赤信号で交差点に進入した救急車と、

で進入したタクシーの事故で、

 

タクシー側が『過失』を問われる

という判例もあったそうです。

 

歩行者は緊急車両に遠慮ナシ!!!

 

でもまあ通常は、

サイレンが聞こえると車は

緊急車両の通り道を積極的に作ります。

 

それよりも悪質なのが一部の歩行者。

 

歩行者って、

『道交法』を全く意識しない人が

多いんですよね。

 

だから、

緊急車両の接近に無頓着な人が多い!

 

せっかく車両が脇に寄って、

救急車を通してあげたのに、

その先の交差点で、

歩行者が平然と道路を横断し、

救急車が急ブレーキを踏んだ

 

…なんてシーンを何度も見かけました。

 

自分だって、

いつ救急車のお世話になるか

分からないので、

ここはきちんとルールを守らなきゃ!

明日は我が身です。

 

いずれにせよ、

 

目の前に突然、救急車が出現したら、

こっちの心臓が止まって、

救急車のお世話になりますってば

・・・(*´Д`)=3

 

大学入試まであと5日。

それまで何も起こりませんよーに…。

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]