【慢性硬膜下血腫】頭をぶつけて左半身麻痺と痴呆症!「人生終わった」と思った瞬間こんにちは!こんばんは!

かっぽです。

 

 

11月のことですが、

 

「頭蓋骨にゴリゴリと1円玉大の穴を開けて、
そこから管を入れて血液を抜き取る」

 

・・・という手術を行いました。

 

 

どうやら日常でいくらでもあり得る出来事らしいので、

 

(へぇ~。こーゆーことがあるんだ~。)

という気持ちで読んでいただけると嬉しいです♪

 

 

 

 たんこぶができたほうがいいってホント?

 

 

私の頭蓋骨内の血液は、

脳の血管が破裂した・・・というわけではなく、
頭をぶつけた時の出血が、

頭蓋骨の中に入り込んだというケガです。

 

 

実は、車の後ろのドア(ハッチバックのドア)を

閉めた時に、ガツン!と頭にぶつけちゃったんです。

 

ぶつけたときは、目から火花が散りました。

 

 

が!

その後、特に“たんごぶ”ができるわけでもなく

頭痛があるわけでもなく

 

ぶつけた箇所を偶然に触った時に、

 

(あれっ?何でここが痛いんだろう。

あっ、そうか。ぶつけたんだっけ。)

 

と、思い出す程度でした。

 

 

よく、

「頭をぶつけた時に、たんこぶができたほうがいい。」

な~んて言われていますよね。

 

 

まあ、たんこぶができたから「安全」というのも

怪しい話だとは思うのですが、

 

 

今回、私の場合はまさに、

「たんこぶができなくて危なかった」パターンです。

 

あれほど頭を強打したのに、たんこぶができず、

知らないうちに、

すごいヤバい状態になっていたのです。

 

出血が頭蓋骨の外側に行かず、

内側に来ちゃったってことですね。

 

 

 

大量の血液が脳を圧迫したことにより、

 

●左半身(私の場合は)の運動機能障害
●軽い言語障害
●アルツハイマーのような記憶障害

 

などが起こりました。

 

 

最初は「脳梗塞」とか「脳出血」などを
疑いました。

 

 

ところが!

 

 

意外なことに、

2か月前のケガが原因だと分かったのです!

 

 

異常が分かり、手術をしたのは11月始めですが、
原因となったケガをしたのは、8月末でした。

 

 

ケガをしてから、約2ヶ月後に異常がでてくるとは・・・!

 

 

これ、脳神経外科の担当医曰く、

 

「忘年会で酒に酔って頭をぶつけたお父さんが、
2月ぐらいになって、“あれ?なんか変だな・・・”と
なるような症状なんだよ。」

 

と説明されました。

 

スポンサードリンク


 

 

 ずっと後になって症状が出る「慢性硬膜下血腫」

 

私に現れたのは、次のような異常です。

 

●パソコンの文字入力がまともにできない。
●左手に持った物を、よく落とす。
●左肩や左腕をよくぶつける。
●左手で小銭がつかめない。
●着替えをすると、左腕が袖を通っていない。
●左足だけ靴下をはいていなかった。
●左足の靴をはいたまま、家にあがっていた。

 

●水道の蛇口を開けっ放し。
●冷蔵庫のドアが少し開いたまま。
●照明を消し忘れている。
●洗った洗濯物を、洗濯機の中に放置したまま
●照明を全部消していない(豆電球がついたまま)
●深く考えないと、車の運転ができない。

 

 

そこで、近所の「脳神経科」へ行き、
MRI画像を撮ったところ、

ショックで意識を失いかけました。

 

「左脳が血まみれ!!!」

 

 

その大量の出血を見て、

 

「人生、終わった。」

 

と思いました。

 

 

命を失うか、障害が残るだろうと思ったのです。

 

その病院は近所の開業医だったため、
もっと大きな、脳外科専門の病院を紹介されました。

 

すると、その大きな病院では、
脳外科医の先生が、あっさりと、

こう言ったのです。

 

「これね。血を抜けばすぐに治るよ!」
「え?障害は残らないんですか?」

 

「まあまれに、1割ぐらいの人が
なかなか治癒しない場合もあるけど、

この状態なら、障害が残るようなことはまずない。」

 

 

(はぁ~~~~~)
大きな安堵のため息が出ちゃいました。

 

一旦、奈落の底へ突き落とされて、

次に地獄から天国へロケット搬送された気分です。

 

「でも先生、
私がケガをしたのは、8月下旬だったんですが」

 

「ああ、これね。そーゆーもんなんだわ。」

 

そして、冒頭でもお話したように、

「忘年会で酔って頭をぶつけたお父さん」
の話に至ったのです。

 

 

この

「慢性硬膜下血腫」

の特徴は、

 

8月末にケガした私が
10月中旬から異常を感じたように、
(手術したのは11月ですが、
10月から異常を感じていました。)

 

「受傷後、3週間~2か月ぐらい経ってから
症状が出る。」

 

というのが特徴だそうです。

 

 

まあ、すぐに症状が出ないから、「慢性」と
名前が付いているんですけどね(笑)

 

すぐに症状が出る場合は、「急性」と付きます。

 

 

他にも、こんな特徴があります。

 

● 最初は自覚症状がない場合が多い。
● 体にマヒ・しびれが現れる。
● 痴呆症状が出る。
● 悪化すれば呼吸困難に陥る。
● 最悪な結果、死に至る。

 

 

おお!

 

まさに私の症状ではありませんか!!!

 

 

頭蓋骨内にたくさんたまった血液が脳を圧迫して、
それでいろんな悪影響が出ていたようです。

 

スポンサードリンク


 

受診した翌日に、すぐ手術しました。

 

手術する範囲の髪の毛を

バリカンで剃られましたが、

 

私は髪の毛が長いので、
他の部分の髪の毛で隠れました。

 

穴を開ける位置に、

医師が油性マジックで印を付けていました。

 

頭の手術ですが、

何と!部分麻酔!

 

 

なので、
頭蓋骨に穴を開ける音も
バッチリ聞こえました。

 

ゴリゴリゴリゴリ・・・。

 

術後すぐに、

 

● 軽いマヒ状態
● 痴呆症などの異常

は全部消失!

 

 

ただ、ですねぇ・・・。

 

 

脳内の出血によるアレコレは消失したのですが、
一見脳の出血とは関係なさそうな、別の症状

 

が現れるようになり、

すごく困るようになりました。
そちらは後日、あらためて
お話いたしますね。

 

 

 

【 追記 】

 

2月9日につづきを書きました。

 

⇒ 頭の手術後に原因不明のじんましんが頻発!(慢性硬膜下血腫 その2)

 

 

 

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]