「ココナッツオイルダイエットに成功のために必要な量は?」&「使いやすくしてみた」件こんにちは!こんばんは!

かっぽです。

 

 

以前、ココナッツオイルを使ってみた感想を書きました。

 

⇒ 【動画付】ダイエット!認知症対策!便秘解消になる!「ココナッツオイル」を使ってみた感想

 

 

その時はダイエット目的ではなかったので、

ただ何とな~く、

1日大さじ2杯のココナッツオイル

ホットミルクに入れて飲んでいただけでした。

 

 

 

「お通じ」

はヒジョーに良くなったのですが、

結局、ダイエットはできなかったのです。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

で、先月、実家へ行ったら、

またココナッツオイルを

もらっちゃったんですよ~♪♪♪

 

 

3瓶も!!!

 

_20160313_111055

 

こんな値の張るものを、「超ラッキー」って感じです。

 

 

_20160313_110812

 

_20160313_110714

 

母がココナッツオイルを3瓶もくれた理由は、

 

「固くて、とても使えない!」

 

からだそうです。

 

 

以前の記事でも紹介したように、

ココナッツオイルは気温が低いと、

ガッチガチに固くなります。

 

 

夏は透明感があって、

液状になっているんですが・・・↓

 

kokonattu3

 

koontu4

 

 

 

冬は、こうです! ↓

_20160313_110943

 

ガチガチに固くて、

スプーンがなかなか入っていかないので、

 

私はフォークを突き刺して、

取り分けています。

 

 

 

 

 効果的なココナッツオイル・ダイエットの方法

 

 

前回は、

「ただ毎日、飲んだだけ」

で、効果ゼロだったので、

 

 

今回は

 

ココナッツオイル・ダイエットが

成功するための正しい方法

 

をきちんと調べて、

実践してみようと思いました。

 

 

揚げ物、炒め物料理が多い人は、

 

普段使っている油を

ココナッツオイルに変えるだけで

ダイエット効果がある

 

と書いてありますが、

私は普段から、そんなに油を摂らない。

 

 

炒め物なら、ごくたま~に調理しますが、

その際、使用するのは「オリーブオイル」です。

 

 

オリーブオイルも健康や美容に良いので、

炒め物用の油を

わざわざココナッツオイルに

切り替える必要もないかと・・・。

 

 

なので、調理用油以外での

「ココナッツオイルの効果的な摂り方」

を探ってみました。

 

 

 

< ココナッツオイルの効果的な摂り方 >

 

 

1.炭水化物を抜く(糖質になるものの摂取を控える)

 ※ご飯は1日に1杯半程度で抑える。

 

実はこの、

「炭水化物や糖分を減らす。」

のって、すごく大事だったようです。

 

私は何も意識せずに、

炭水化物をバクバク食べまくっていました。

 

アカンわけです(;´Д`)

 

 

2.プロテインを同時に摂取すると良い

 

炭水化物などの、糖質になる食べ物を減らす代わりに、

タンパク質をしっかりと摂取する必要があるそうです。

 

ここでお肉などをいっぱい食べると、

脂肪分も摂取しちゃうので、

余分な油分を摂取しないで済む、

「プロテイン」

はとても効果的だそうです。

 

 

3.ココナッツオイルを1日100cc(92g)摂る

 

実はこれが、大問題でして・・・。

 

それについては、この記事の後ろのほうで、

あらためてお話いたしますね!

 

 

4.エキストラバージンココナッツオイルが一番効果が高い

 

質の悪いココナッツオイルは、

化学処理されている場合があるそうです。

 

そのため化学処理の過程で、

ココナッツオイルの大事な成分が

失われたり、変質している場合があるそうです。

 

「バージンココナッツオイル」という名前のものは

“収穫したばかりの生のココナッツ”から

オイルを抽出したもの。

 

 

更にその中でも高品質なものが

「エキストラバージンココナッツオイル」

と呼ばれています。

 

 

そういった理由で、

純度が高く、大事な成分が失われていない、

エキストラバージンココナッツオイル

おススメだそうです。

 

 

5.フィリピン産・スリランカ産は、

質の高いものが多いのでおススメ!

 

フィリピンには「ココナッツ庁」という政府機関があり、

国の管理の下、製造を行っているとか。

 

また、スリランカは、

世界でもオーガニック認定の基準の高い国だそうです。

 

 

 

 

 ココナッツオイル・ダイエットに必要な量

 

ココナッツオイル・ダイエットで摂取する、

ココナッツオイルの量は一般的に、

 

「1日に大さじ3杯程度を摂取する」

 

と書いてある本や情報が多いのですが、

 

2015年の1月に放送された『世界ふしぎ発見』で、

「ケトン体質ダイエット」という

ダイエット方法を紹介した際には、

 

 

「ココナッツオイルを1日100cc(92g)」

 

使用していました。

 

 

おおさじ3杯は45ccなので、

100ccはその2.2222・・・倍です。

 

 

 

 

 

 ココナッツオイル100ccってどんな量?

 

でも100ccってピンとこないので、

実際、計量してみました。

 

 

_20160313_110637

ジャスト92 gです。

 

 

_20160313_110506

なんか、かき氷みたいに

フワッとしていておいしそうですが、

実際、オイルなので

意外と重量感はあります。

 

 

_20160313_110404

100cc(92g)ってこんなにあるんですね。

 

でもこれは、固形状態のココナッツオイルなので、

こんどは湯せんして、液状にしてみます。

 

 

_20160313_110244

お風呂・・・いえ、お湯に入れてます。

もっと深めの器に入れれば良かった・・・(;^ω^)

 

 

_20160313_110135

少し溶けてきたので、スプーンでかき混ぜてみました。

たいぶカサが減りましたね(#^^#)

 

 

_20160313_110102

かなり液状になってきました。

 

ちなみに、

「レンジでチンすれば早いのでは?」

とも思ったのですが、

「成分が壊れる可能性があるので、

湯せんしましょう。」

と何かに書いてあったので、

地道にお湯で温めてます。

 

 

_20160313_105937

かなり液状になりましたが、

白く濁っているうちは、まだまだです。

 

 

_20160313_105857

白い器の中では見えにくいので、

テーブルの上に出してみました。

 

 

_20160313_105727

ときどきスプーンでかき混ぜているためか、

泡が立ってますねー(´・ω・`)

 

 

_20160313_105358

ずいぶん透明感が出てきました!

かき混ぜてできた泡がいっぱいです。

 

 

_20160313_105315

気泡が目立ちますが、

それさえなければ、ほぼ透明です。

 

 

_20160313_105150

液体にすると、100ccはこんな量です。

 

でも、体に良いとは言え、

“オイル”をこの量摂るって、

結構、多すぎる気がします。

 

 

_20160313_104317

ちなみに、開封したばかりのビンですが、

 

 

未使用だったのが、100cc(92g)使って、

こんなに減ってしまいました。

 

 

この瓶は235g入っているので、

単純計算で235÷92≒2.5、

 

たった2日半分しかありません!(゚Д゚;)

 

 

100ccを毎日は、コスパ的に

 

む、無理・・・。

 

 

やっぱ、おおさじ3杯路線で実践しようと

思いました (>_<)

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 

 ココナッツオイルを使いやすくしてみた。

 

母が、

 

「固くてとても使えない。」

 

と言っていたココナッツオイル。

 

 

確かに、石けんを細かくしなきゃいけないような

大変さがあります。

 

かと言って、

夏場の液状の時は、それはそれで、

やはり「ビン」のフタをいちいち開けて使うのは、

面倒くさいです。

 

で!

 

湯せんで溶かしたついでに、

今度は「使いやすい」ように

固めてみようと考えました!

 

 

1.まず、ステンレスのパットにラップを敷きました。

_20160313_105103

 

 

2.ここに、液状になったココナッツオイルを垂らしてみます。

_20160313_104957

 

 

3.これが一般的なココナッツオイル・ダイエットの摂取量、おおさじ3杯です。

  (ちょっと見えづらいですね。)

_20160313_104820

 

 

4.今度は、グラスに残った分を、一気に投入~!

_20160313_104715

 

 

5.やはり見えにくいと思いますが、100cc全部流し込みました。

_20160313_104609

 

 

 

6.粗熱(あらねつ)を取ったら、冷蔵庫で保管。

  そんなに時間がかからずに、白く固まってきます。

_20160313_104517

 

 

7.固まったら、包丁で手頃なサイズに切り分けます。

_20160313_104418

 

これが、

やってみたら意外と使いやすいんですよ♪

 

最初は製氷皿に入れて作ろうかと思ったのですが、

製氷皿だと厚みが出ちゃうので、

パットで冷やして正解!でした。

 

薄い板状なので、溶けやすいです。

 

・・・ということで、

ダイエット効果については、まだ途中なので、

結果報告はずっと後になりまーす!

 

お楽しみに♪

 

 

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]