甘酒が苦手な私でも美味しく飲めた!楽天通販でお取り寄せの「米糀(こうじ)の甘酒」「発芽玄米あまざけ」「黒米あまざけ」 

こんにちは!こんばんは!

かっぽです。

 

 

いま、

「飲む点滴」

として、超話題の

「甘酒」!

 

 

でも私は、甘酒って苦手なんですよねぇ~(>_<)

 

あの、独特の風味がありながら、

妙な甘味もあるという・・・。

 

 

ところが、

『林修の今でしょ講座』

で放送された、甘酒の特集を観て、

 

 

●甘酒には、「酒かす」で作ったものと、

「米糀(こめこうじ)」で作ったものがある。

 

●米糀の甘酒はノンアルコール

 

●米糀の甘酒は、甘酒が苦手な人でもOK!

 

・・・ということを知ったのです。

 

 

(それがホントかどうか、確かめてみよう!)

 

と思って、購入したのがコレ↓です。

 

【 国菊のあまざけ3種セット 】

_20160326_144138

↑箱のフタです。きれいなピンクですね。

 

 

 

_20160326_144326

右から、

● ノーマルタイプの「あまざけ」

● 発芽玄米 あまざけ

● 黒米 あまざけ

です。

 

 

 

発芽玄米はすごく栄養がありますし、

黒米も白米に比べて、非常に栄養価が高いので、

 

(だったら3本セットになっているものを買っちゃえ!)

と思って、購入しました。

 

 

甘酒が苦手な私には、

味見もしないうちから3本セットを買うのは、

ちょっと冒険でしたが・・・(苦笑)

 

 

⇒【国菊】あまざけ+黒米甘酒+発馬玄米甘酒の3本セット、くわしくはこちら

 

 

 

また、

テレビで紹介していた、

●甘酒+豆乳

●甘酒+生姜

●甘酒+きな粉

 

それから、私のオリジナルで、

 

●甘酒+すりゴマ

 

も試してみました。

 

_20160326_150734

それについても、

この記事や他の関連記事に

掲載しています。

 

 

 

それではまずは、

1本ずつ、ご紹介いたしますネ!

 

 

 

 

 国菊 あまざけ

 

_20160326_144742

 

ノーマルタイプと言うか、

プレーンと言うか、

 

早い話、普通の米こうじの甘酒です(^^)

 

 

 

_20160326_150520

これ、よく振らないでグラスに注いでしまったので、

ちょっと失敗(汗)

 

米こうじの粒々が少ないです。

 

ビンをちゃんと振ってからグラスに注げば、

米こうじの粒々がいっぱい入って来ます。

 

 

 

_20160326_150607

 

さて・・・

 

甘酒が苦手な私ですが、

どうやらそれは、

「酒粕(さけかす)」で作られた甘酒がダメであって、

 

もしかしたら、

「米糀(こめこうじ)」で作られた

甘酒は大丈夫かも知れません!

 

 

 

その期待を抱きつつ、

 

「米こうじ」の甘酒に初挑戦!!!

 

 

ドキドキドキ・・・(@_@;)

 

 

すると・・・

 

 

「あっ!これなら飲める(≧▽≦)♪」

 

 

酒かすのような、あの独特な風味はありません!

 

 

 

【におい】

 

甘酒独特の匂いは少ないが、

軽~く「糀(こうじ)」の匂いがする。

 

 

【味】

 

めっちゃ甘いっ!でも甘酒のクセはない。

氷砂糖を水に溶かした感じ。

 

 

 

【豆乳をプラス】

 

美味しいです♪

豆乳を混ぜたことにより、甘味も緩和されて、

逆に、甘酒を混ぜたことで、

豆乳臭さも減っています。

(ちなみに私は、豆乳は好きなほうです。)

 

 

【豆乳プラスについては、こちらの記事に詳しく書いています】

⇒ 「甘酒」+「豆乳」でアンチエイジング♪肌荒れ予防!シミやニキビ対策にもなる!【林修の今でしょ講座】

 

 

スポンサードリンク


 

 

【生姜をプラス】

 

美味い!です♪

ジンジャーラー(生姜好き)なので、

すごく好きな味です。

 

 

 

【生姜プラスについては、こちらの記事に詳しく書いています】

⇒ 「甘酒」+「生姜」が高血圧予防になる!試しに作ってみました♪【林修の今でしょ講座3月15日】

 

 

 

【きな粉をプラス】

 

これは、「う~ん」・・・って感じです。

同じ大豆なら、豆乳を混ぜればいいかな・・・。

 

 

【きな粉プラスについては、こちらの記事に詳しく書いています】

⇒ 「甘酒」+「豆乳」でアンチエイジング♪肌荒れ予防!シミやニキビ対策にもなる!【林修の今でしょ講座】

 

 

 

【すりゴマをプラス】

 

甘酒にすりゴマをプラスした感想は、

この記事の下の方に掲載しています。

 

 

 

 

 発芽玄米あまざけ

 

_20160326_145436 

 

_20160326_162024

こちらはよく振ってからグラスに注いだので

米こうじの粒々がよく見えると思います。

 

 

_20160326_161850

↑白いせいか、何度撮影しても、

なかなかピントが合わなかったです(>_<)

 

白い粒々の中に、黄色く見えるのは、

発芽玄米です。

 

 

 

最初にご紹介したノーマルな甘酒よりも

気のせいか、「甘酒」臭さ?が

ちょっとだけ出ている感じがします。

 

 

でもそれは、全く苦にならない程度です。

 

 

食感(飲感?)は、ツブツブ感が多いです。

(薄めのおかゆのよう)

 

 

黄色い粒も、

発芽玄米をふやけさせて皮だけ残ったような

中途半端な粒々感ですが、

個人的には全く気になりません。

 

 

スポンサードリンク


 

 

【豆乳をプラス】

 

この甘酒にも、豆乳を混ぜて飲んでみました。

 

テレビでは、1:1と言っていましたが、

私は豆乳が多めの方が好きです。

 

豆乳を増やした分だけ、甘さが減りますので、

無駄に甘くなくてそのほうがいいです。

 

豆乳プラスに、

さらにおろし生姜プラスが好みです。

 

 

 

 

 

 黒米あまざけ

 

_20160326_145640

ポリフェノールが入っていそうな色合いの

黒米の甘酒です。

 

 

 

_20160326_163923

ところどころに黒米の

粒々が見えます。

 

 

 

_20160326_164100

米こうじの白い粒と、

黒米の黒い粒が見えます。

 

 

 

味は他の2種とそんなに変わりはありませんが、

粒々感は一番多いです。

 

_20160326_164336

 

 

【豆乳をプラス】

 

豆乳を入れたら、まろやかで

3種の甘酒の中では一番うまい!

 

 

黒米の甘酒は、

豆乳プラスするだけがいい感じ。

 

生姜は入れない方が、味わえるかな~。

 

 

 

【牛乳をプラス】

 

テレビでは豆乳を混ぜていましたが、

試しに牛乳を混ぜて飲んでみました。

 

これはこれでイケる!(*^▽^*)

 

 

 

_20160326_164803

↑牛乳まぜてみた~♪

 

 

 

_20160327_122210

↑一生懸命混ぜたけど、粒々は全部、

ソッコーで沈殿・・・。

 

 

 

 

_20160326_165145

↑コップの下のほうに、粒々がいっぱいあります。

 

 

 

_20160326_164611

↑黒米が残っています。

もちろん、スプーンですくって、

全部残さず食べました!

 

この黒米の粒、プチプチして美味しいです♪

 

 

テレビで豆乳を混ぜたのは、

大豆の美容効果を

意識していたためだと思います。

 

 

甘酒だけでもすごい栄養価なので、

豆乳苦手な人は、何も豆乳にこだわらなくても、

牛乳でもOKだと思います。

 

 

 

 

 

 

 甘酒にすりゴマをプラスしてみました!

 

テレビでは紹介されていなかったんですが、

私のオリジナルで、

 

甘酒に「すりゴマ」

 

を混ぜてみました。

 

 

_20160326_150927

生協で購入した、普通のすりゴマです。

 

 

 

_20160326_151010

どアップ!

 

 

 

 

_20160326_154259

 

_20160326_154807

これを甘酒に投入!

 

 

 

 

_20160326_155438

混ざりにくいです(;^ω^)

 

 

 

_20160326_160356

 

ただ混ぜただけの状態ですと、

ザラザラしすぎてイマイチですが、

 

これにさらに豆乳を混ぜると、

 

「ゴマの香ばしさがアップして美味しい」

 

です♪

 

 

 

 

ラベルに記載されている必須アミノ酸について

 

この甘酒の、ビンの後ろのラベルには、

必須アミノ酸の含有量 

掲載されています。

 

_20160326_144936

 

 

●リジン

●メチオニン

●フェニルアラニン

●バリン

●ロイシン

●スレオニン(トレオニン)

●イソロイシン

●トリプトファン

 

これらの必須アミノ酸に、

どんな効果があるのかを調べたら、

これがまた、スゴイんですよ!(+o+)

 

あらためて、

(甘酒すごいっ!)

って思いました。

 

 

それぞれの必須アミノ酸に、どんな効果があるのかは、

こちらにまとめましたのでご覧ください。

 

⇒ 「甘酒の必須アミノ酸」がすごい!発毛・育毛効果♪アンチエイジング♪肝機能♪筋肉修復♪ヘルペスにも効果がある!

 

 

 

 

ところで、

原材料名に「米麹」と「米」

しか書かれていませんよね!?

 

 

つまり、この甘酒の甘さは、

「天然の甘さ」ってこと!?(;゚Д゚)

 

 

もし砂糖でこの甘さを出すとしたら、

かなりの量を入れなきゃ無理だと思います。

 

 

米麹(米糀)、すごいです!!!

 

 

 

 

 

米糀(こめこうじ)の甘酒の総合評価

 

さて、甘酒苦手な私が挑んだ、

「米糀(こめこうじ)」の甘酒の評価ですが、

以下の通りです。

 

 

●甘酒が苦手でも大丈夫だった!

 

●これなら本当に子どもでも飲める!

(むしろ甘いので、喜ぶかも)

 

●すごく甘いので、薄めたり、

 豆乳や牛乳で割って飲んだ方が美味しい!

 

●ショウガ好きな人なら、

 「甘酒」+「豆乳(牛乳)」+「生姜」

 の組み合わせが一番おススメ!

 

 

 

・・・ということで、

 

一般的な「酒カス」の甘酒とは、本当に全然違うので、

ぜひお試し下さい♪

 

 

 

_20160326_150354

⇒【国菊】あまざけ+黒米甘酒+発馬玄米甘酒の3本セット、商品ページはこちら

 

 

 

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]