大学生活。引っ越し単身パックの一括見積を利用してみた。こんにちは!こんばんは!
受験生の母、かっぽです。

久しぶりに、次女の大学ネタです。

 

次女は無事に、新潟大学に合格しました! (;´Д`)=3 ホッ

正直、大幅にランクを落として受験した大学なのに。

それが不合格だったらどうしよう・・・。ちょっとビビッてました。

 

国立大学でも、めちゃくちゃお金がかかるんですね~(T_T)

入学金は当然ですが、自治会費とか後援会費とか同窓会費とか傷害保険とか…。

何だそれ!全然、予想してない出費なんですけど。

数千円程度ならまだいいのですが、

数万円…5万円…8万円!!!

トータルすると、半端ない金額!

 

スポンサードリンク


 

取りあえず、入学金と傷害保険のお金だけは、すぐに振込みました。

残りは…まあ、そのうちに…(^-^;

 

数日して、予約してあったアパートの不動産から電話がありました。

次女が借りる予定のアパートは、現在4年生が入居中です。

その退居日が決まり、娘の入居可能な日が決まりました。

それを受けて、早速、引っ越し業者の一括見積とやらを行ってみました。

わわわ~!
一括見積のサイトって、たくさんあるんですねぇ…(*´Д`)

⇒ 例えばこんな感じ

・すぐに折り返しのメールがある業者さん。
・入力した項目では足りないとメールがきた業者さん。
・こちらの地域には対応してない業者さん。(アリさんとか)

我が家の場合は、ネット上ですぐに金額が確認できたのは2社だけでした。

 

で、後から気がついた。

(あれっ?日通やクロネコヤマトが含まれてない!)

『単身パック』を大々的にPRしているのって、日通とクロネコヤマトが浮かびますよね。

まあ大手ですから、当然と言えば当然ですが…。

そこで、次は日通の単身パックの見積もりを、ネット上で行いました。

ところが!

もう空いてないんです。

予約でいっぱいなんです(>_<)

3月下旬から4月上旬まで、1日も空いてないんです~~~(T_T)

…甘かった。

そのため、見積金額算出まで進めず、結局いくらぐらいかかるか分からず仕舞でした。

 

スポンサードリンク


 

それで次に、クロネコヤマトの単身パック見積にトライ。

意外なことに、クロネコヤマトは全然、余裕でした。

ただ、ネット上の見積金額と、後から電話で知らされた金額との差が、4,000円もありました。

(ネットの見積のほうが安かったです。)

次女は、家電などは現地調達しますし、ロフト付きの部屋を借りたのでベッドも不要。

見積は、衣装ケース(1段)6個、段ボール(大)3個、扇風機1個、布団1組で行ってみました。

(でも、荷造りしてみないと、実際は分からない。)

 

 

すると、クロネコヤマトさんの呼ぶところの「ボックス」とやらが、ひとつで間に合いました。

これで7割程度の収納率ですので、もっと詰め込めそうです。

(考えてみれば、段ボール3個ってことは無いですよね。)
アイリスオーヤマ ダンボールボックス DB-M1×10
「ボックス」に入らない分は、通常の宅急便扱いになるとのこと。

それで、宮城県から新潟県まで26,000円程度でした。

他の業者さんからは、メール連絡があったものの、電話連絡はないため、いくらかかるか分かりません。

ちなみに、ネットで表示された大手引っ越し業者さんは、1社が5万円。もう1社が11万円。

何でしょうね。この違い( ゚Д゚)!?

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]