【男性更年期障害】夫がいつもイライラすぐ怒って怖い…。モラハラで熟年離婚した友人こんにちは!こんばんは!

かっぽです。

 

 

このたび(?)親友が

熟年離婚

してしまいましたっ!(>_<)

 

 

結婚後はずーっと専業主婦でしたが、

数年前にパートを始めた彼女。

 

故に、何のスキルも社会的地位もなく・・・。

 

そんな彼女が51歳の今になって

高収入だった夫と離婚。

 

これからは、自力で稼いで

生活してかなきゃダメなんです。

 

若いならまだやり直しもできますが、

51歳ですよ!?

 

親友としては、彼女の老後の経済状態が

すご~く心配です!(*´Д`)

 

 

この熟年離婚の一番の理由は、

 

「夫のモラハラ」

 

です。

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

夫がすぐに怒る!いつもイライラしている!

 

ちょっと前になりますが、8月9日に

「林修の今でしょ!講座」で、

 

夫が、

「怒ることが増えた。」

「ささいなことですぐにイラッとしている。」

という内容を放送していました。

 

 

● レストランで、

後から注文した人の料理が

自分より先に来ると、

必要以上に怒る。

 

● 日用品が切れると激怒する。

 

● 怒りがねちっこく、

怒ると翌日までひきずる。

 

● 前の人をぶつかるすれすれで

追い抜く。

 

・・・などなど。

若い時と違って、夫がやたら

短気になったと言うのです。

 

 

まあそういうのは、

一般的によく聞く話でもあります。

「歳を取って頑固になったオヤジ」って。

 

でも、家族にとっては、

それどころじゃない問題かも知れません。

まあ確かに扱い辛い・・・(;^ω^)

 

以前から親友は、

「夫のモラハラが辛い。」

と、私に悩みを打ち明けていました。

 

「役立たず!」

 

「お前なんか、

いてもいなくてもどうでもいい!」

 

「お前がいる家には、居たくない!」

 

なぁ~んて感じの

親友の人格を全否定するような暴言を

毎日毎日、吐きまくって

いたと言うのです。

 

「もう、あんな人とは

一緒に暮らしたくない。」

 

確かにそりゃ、うんざりしますわ(;´Д`)

 

親友は家を飛び出してしまいました。

その1年後のいま、

離婚が決まったのです。

 

まあ、親友のダンナ様なので、

若い頃から知っている人なんですが、

「あんなに妻を大切にしていた

人がなぜ~!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/」

と、あまりの変わり様にビックリです。

 

 

そして話が行ったり来たりしますが、

その後、「林修の今でしょ!講座」の

「男性更年期障害」

という放送を観て、

 

親友のダンナさんも

(これが原因かも?)

と思ったのです。

 

 

 

男性にも更年期障害がある!?

 

「更年期障害」って、

女性だけのものだと思っていたら、何と!

男性にも更年期障害はあるそうです。

 

しかも、中高年男性の6人に1人

その可能性があるというのです。

 

 

(えっ!うちのダンナはどうなの!?)

 

気になっちゃいますよね~(;^ω^)

 

 

男性更年期障害かどうかの

チェックテストというのが、一応あるそうです。

 

以下の通りです。

 

【男性更年期障害チェック項目】

 

1.集中力がなく、落ち着きが無くなった。

2.休みの日も外に出なくなった。

3.汗をよくかくようになった。

4.体重が増えてきた。

5.つまらないことでイライラするようになった。

6.寝付きが悪く、夜中に目が覚めるようになった。

 

2つ以上当てはまると要注意!

 

 

 

「順天堂大学医学部附属浦安病院

辻村 晃 准教授」

によると、

 

男性更年期障害は・・・

① 医学的に見て病気である。

 ⇒ 体の中で男性ホルモンが減る病気

 

● 男性ホルモンが減るとメタボになりやすい。

● がんの発生率も上がる。

● 生命に関わる病気に繋がる。

 ⇒ 高血圧や鬱(うつ)など

 

 

② 男性ホルモンを減らさないようにすれば治せる。

 

● 男性ホルモンが減少する主な理由

 ⇒ 加齢とストレス

● 男性更年期障害は45歳から始まることが多い。

 (最近はもっと若年化して、30歳なんて人もいる。)

 

女性の更年期障害で特に多い症状は

「ホットフラッシュ」

(突然体温が上がり、発汗する症状)

とのこと。よく、

「更年期障害で体がほてる。」

なんて耳にしますね。

 

 

ところが男性更年期障害では、

「鬱(うつ)」

などの精神面に関することが多いそうです。

 

 

 

男性更年期障害でなぜ怒りっぽくなるのか

 

男性更年期障害で

怒りっぽくなる理由は次の通りです。

 

● 男性ホルモンが減る.

   ↓

● 自律神経のバランスが崩れる。

   ↓

● 交感神経(=緊張時に働く)が

優位になる。

   ↓

● アドレナリン(怒りの原因物質)が

ドッと出る。

   ↓

● キレる!

 

意外ですが、男性ホルモンは

怒りに繋がる交感神経の暴走を抑える

役目を果たしているそうです。

 

スポンサードリンク


 

 

男性更年期障害の見分け方

 

男性更年期障害を見分けるポイントは

いくつかあるようです。

 

1.「普通の怒り」と「男性更年期障害の怒り」

との見分け方

 ⇒ 以前は平気だったことで怒るようになる。

<対策>

6秒間辛抱して、怒りをやり過ごす。

(怒りは6秒間が一番強い)

 

 

2.クーラーが効いた部屋でも汗が出る

以前は汗をかかなかった人が、

急に汗かきになった時が更年期の可能性。

 

 ⇒ 冷房のきいた部屋で、

汗が止まらないと要注意。

 

 

3.火照り(ほてり)がある場合

「男性更年期障害の火照り(ほてり)」と、

「普通の火照り」との違いは、

 

更年期障害による火照りの場合は、

鬱(うつ)や不安など、

精神的な症状と一緒に火照り出すそうです。

 

頭中にある「扁桃体」は不安物質を出します。

それを男性ホルモンが抑えていましたが、

男性ホルモンの減少で、

抑えきれなくなるのです。

 

さらに、その状態を放置すると

ストレス細胞が増えて、うつ病を発症

するリスクも増えます。

 

「不安で物が捨てられなくなった。」

なんてのも、危険信号です!

 

4.ヒゲが減った

男性ホルモンが減少すると、ヒゲが減るので

それも男性更年期障害の合図となります。

 

 

 

 

男性更年期障害の予防に良い食物

 

先生によると、

男性更年期障害の予防に良い

食べ物は次の通りです。

 

 

1.ビーフジャーキー

ビーフジャーキーに豊富に含まれる亜鉛が

男性ホルモン生成に役立つと言われているそうです。

【画像参照元】楽天ショップ/飛騨牛プレミアムジャーキー

 

 

2.牡蠣(かき)

牡蠣もビーフジャーキー同様、

男性ホルモン生成に役立つ

亜鉛が豊富に含まれている。


【画像参照元】楽天ショップ/厚岸漁協直送特選 カキえもん

 

 

3.スイカ

スイカの白い部分には

「シトルリン」

という物資が含まれています。

 

この「シトルリン」は、

男性ホルモンの分泌を促す効果が

期待できます。

 

 

4.とろろ

とろろに豊富に含まれる「ムチン」には、

男性ホルモンの分泌を促す効果が期待できます。

 

 

5.ジンギスカン

羊の肉の中には、

「カルニチン」と呼ばれる

男性ホルモンを高める作用があります。


【画像参照元】楽天ショップ/どさんこファクトリー北海道 最高級ラム ジンギスカン

 

 

6.ナッツ

ナッツに含まれる「アルギニン」には、

男性ホルモンを高める作用があります。

● ナッツの効果については以前も紹介しました⇒関連記事はこちら

 

 

7.ニンニク・玉ねぎ

にんにくや玉ねぎには、

「含硫(がんりゅう)アミノ酸」

が含まれています。この物資は、

男性ホルモンの生成を

活発化させることが期待できます。

● 以前、いろんな種類の玉ねぎを紹介しました⇒関連記事はこちら

 

 

他にも、

お肉のタンパク質も男性ホルモンを高めるので

豚の生姜焼きなんかも良いとのこと。。

 

 

 

・・・って、

最後はグルメ記事のように

なってしまったぁーーー(;゚Д゚)

 

・・・だって、

美味しそうなんだもん♪

 

 

ちなみに、

「治療薬はあるので治療すれば治る」とのこと。。

 

● 治療法(泌尿器科)

⇒ 一般的には男性ホルモンの注射

 

 

 

最後に後日談ですが、

親友は離婚してみて、ダンナさんの

ありがたみが身に染みているようです。

(これまでなに不自由なく生活できたのは、

あの人のおかげだった。)

って。

 

でも、もう遅いんですよね(*´Д`)

人って、失ってみて初めて分かるものです。

 

 

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]