逃げ恥(原作最終話ネタバレ含)50代女・百合子と20代男・風見の恋愛って実際ありなの?こんにちは!こんばんは!

かっぽです。

 

 

今回は、

ドラマで話題となった、

「逃げるは恥だが役に立つ」

の名脇役、

アラフィフ女・百合ちゃんと、

20代モテメンの風見さん

恋愛についてのお話です。

 

 

同じアラフィフ女として、

 

「実際、これってアリなのかー!?Σ(゚Д゚)」

「付き合っても、長続きするのかー!?」

「結婚まで行くのかー!?」

 

と、いろいろ気になったので、

実情のリサーチも含めたお話です。

 

 

なので、「逃げるは恥だが役に立つ」

略して「逃げ恥」のストーリーなど、

詳しい情報は割愛しますネ!

 

 

Sponsored Links

 

 

 

原作の百合ちゃんと風見さんはもっと歳の差がある

 

さて、

新垣結衣ちゃん主演のTBS系列ドラマ、

「逃げるは恥だが役に立つ」は、

なぜか超人気!

 

最終回では20.8%という高視聴率

フィナーレを迎えたとのこと。

 

「なぜか」と言うのは、実は私、

原作が掲載されている『Kiss』というマンガ雑誌を

創刊当初から愛読していて、

 

この「逃げ恥」も

連載スタート時からずっと読んでいました。

 

⇒ Amazonの商品ページはこちら

 

 

淡々と進むストーリーだったので、

“ただ何となく、毎回読む漫画”

って程度でしたので、

 

正直、すごく面白かったという印象がなくて、

今回のこの「逃げ恥」ブームには、

超、超、超ビックリ!!!です!

 

(主人公ふたりの理屈っぽさは

好きですが ^_^)

 

 

巷では、

「SNSによるドラマのPR戦略が成功した」

と、言われてますよね。

 

TwitterやFacebookを駆使したり、

YouTubeで、エンディングの恋ダンス

披露したり・・・。

 

 

TBS系列の火曜夜10時のドラマは、

低視聴率なことが多いので、

それを考えても、最終回20.8%は、

やはり大成功だったと思います。

 

 

で、

百合ちゃん(百合子)というのは、

新垣結衣さんが演じた主人公・森山みくりの

伯母さんで、石田ゆり子さんが演じました。

 

美人で仕事ができるキャリアウーマンだけど、

男性経験ゼロのまま、

アラフィフを迎えてしまった!

・・・というキャラです。

 

 

風見さんは、みくりの夫(恋人?)津崎正匡の

職場の後輩で、大谷亮平さんが演じました。

 

イケメンのモテメンだけど、

結婚する気ゼロ。結婚に夢も希望も

感じないタイプです。

 

ちなみに、なぜ「イケメン」と「モテメン」と、

単語を2つ並べたのか!

 

それは、

 

イケメン⇒顔が良くてもモテるとは限らない。

モテメン⇒イケメンじゃなくてもモテる人はいる。

 

・・・ってことで、単語2つ並べました(^^)

 

 

ドラマでは、ゆりちゃんは47歳の設定でしたが、

原作では50代です。

 

連載開始時は何歳だったか忘れましたが、

最新の話だと、確か52歳です。


【画像参照元】楽天ブックス⇒ 逃げるは恥だが役に立つ4巻
一方、風見さんは、

ドラマでは30歳の設定ですが、

 

原作では百合ちゃんにフラれた日に

原作では29歳の誕生日だったので、

 

百合ちゃんに告った時点では28歳

 


【画像参照元】楽天ブックス⇒ 逃げるは恥だが役に立つ3巻

 

 

23~24歳差ってことです。

ガッビィ~ン!!!(;゚Д゚)

 

百合ちゃん、そりゃ悩むわ・・・。

 

 

 

石田ゆり子はイメージ違うーっ!(>_<)

 

ドラマ化が決まった時、

原作が掲載されている『Kiss』で、

キャストが紹介されていました。

 

個人的には、主演のふたり、

みくりと津崎さんは結構イメージ通りでしたが、

 

百合ちゃんと風見さんの

イメージが全然違う~!!!(>_<)

 

(原作がある小説やマンガを実写化すると、

イメージが違うというのは、よくある話ですが)

 

 

原作だと、百合ちゃんはもっと

「凛(りん)」としているので、

石田ゆり子さんのオンナオンナした、

しゃべり方や動作が、なぁ~んか

イメージに合わなかったんです。

 

風見さんも、ドラマだとワイルドで

少し大人っぽいんですが、

原作だともっと若々しくて、

見かけはちょっとだけ、

「チャラ男」ってカンジです。

(性格は全然、チャラくないですが)

 

 

なので、ドラマの場合は、

そんなに年齢差を感じなくて、

(これならアリかな~?)とも思いましたが、

原作のほうでは、やはり歳の差を感じます。

 

 

 

実年齢が同じ女優さん、男優さんで想像してみた。

 

ドラマで百合ちゃんの年齢設定が

47歳だったことは、すっごく不服でした!

 

40代と50代では

全然ちがうーーーっ!!!(≧△≦)/

 

 

極端に言うと、

49歳と50歳でも、大きな壁を感じます!

 

だって、

40代ならまだ「おばさん」って感じですが、

50代って、なんか、「おばあさん」な気分ですよ!?

 

織田信長の

「じ~んせ~い(人生) 50ね~ん(年)」

ってあるじゃないですか。

 

昔なら、老人ですよ。50代って!

 

(でも、男性の平均寿命が80~81歳、

女性の平均寿命が86~87歳の現代と

比べても、あまり意味ないですが・・・)

 

 

実は私も、原作の百合ちゃんと同じ52歳。

52歳から見ると、ドラマの百合ちゃんなんて、

「47歳?若い!若い!まだイケる!!!」

って思っちゃいますもん。

 

47歳の時、わたしは老眼鏡なんて必要なかった!

47歳の時、白髪なんて1~2本しかなかった!

47歳の時、友達は閉経してなかった!

 

5年の差って、全然違います。

 

なので、ドラマの年齢設定も

できれば原作と同じにして欲しかったです!

 

だって、ビジュアル的にも

確認したいじゃないですか!

「52歳」と「28歳」の差を!

 

 

ちなみに、

現在51~52歳のきれい系女優さんは、

 

高島礼子さん

沢口靖子さん

真矢みきさん

山口智子さん など。

 

女優じゃないけど、歌手の

中森明菜さん

とか、タレントの

磯野貴理子さん

もこの年代。

 

百合ちゃんのイメージは、個人的には

黒木瞳さんが近いと思っているんですが、

黒木瞳さんは56歳なので、

少し年齢が行き過ぎてて、NGかなぁ~と。

 

 

対して、28~29歳の男優さんは、

 

東出昌大さん

松坂 桃李さん

三浦翔平さん

 

うちの長女(23歳)が大ファンの、

NEWSの手越 祐也さん

など。

 

 

んんん?

 

キレイどころの女優さんを挙げたせいか、

(案外、アリかなぁ?)

と思ってしまいました(汗)

 

Sponsored Links

 

 

50代女性と20代男性。現実的には・・・

 

まあ実際、

男性のほうがかなり年下の場合、

百合ちゃん同様、女性のほうでも

引いちゃいますよね~。

 

女性のほうが30代とか40代前半とかなら、

まだ話も変わりますが、

50代ともなれば、おばあさん姿の自分が

もう目の前に見えてますから、

それで若い男性を相手にするのはかなり不安です。

 

(そのうち若い娘に心変わりするだろう。)

とか、

(おばあさんになった自分を見せたくない。)

とか。

 

または、

(子供を産んであげられない。)

とか。

 

 

以前、「ホンマでっか?TV」で

 

人間の本能では、

● 女性は男性の経済力

● 男性は女性の出産能力

で相手を選ぶ。

 

・・・と、私の尊敬する、

澤口先生がおっしゃっていました。

 

● だから女性は年上でもOK。

 ⇒ 子供を育てるために、

  生活能力のある相手を選ぶから。

 

● 男性は基本、若い女性を好む。

  ⇒ 子孫を残すために妊娠能力の

  ありそうな相手を選ぶ

 

これはあくまで、

生物としての「人間の本能」的な話です。

 

いまの日本を見ていると、

その人間の本能も失われている感が

大いにありますが・・・。

 

 

それは置いといて。

 

現実ではどれくらい、

50代女性と20代男性のカップルって

あるんだろうか・・・って、

ネットで調べてみたんですが・・・。

 

 

いやー。やっぱ

なっかなか、見つかりませんよね~(;^ω^)

 

女性が40代のパターンなら、

そこそこあるんですが、

 

やっぱり50オーバーの壁って

大きいですよね。

 

 

でも広い世の中、

ゼロってわけではありませんが、

 

● 「見た目」的に可!

(美人、スタイルが良い、おばさん化してない、

 すごく若く見えるなど)

● エロい。経験豊富そう。

● お金をたくさん持っている。

 

または、

男性がモテないタイプだったという

例もあります。

 

でも風見さんは、

「イケメン」で「モテメン」ですから、

それとは違いますよね。

 

「若くない女性の場合、未婚女性よりも、

既婚女性のほうがモテる。」

とも、以前テレビでやっていました。

(既婚はバツありも含みます。)

 

「いい歳して男性経験ゼロはイタイ。」

らしい。

 

ウブな女性がもてるのは、若いうちだけで、

女も年を取ったら、

男性の扱いに慣れているほうが、

選択肢に入るらしいです。

 

 

私の友人で、

「年下にめっちゃモテている」

という自己申告をしてくる人がいます。

 

「Aさん(13歳下)は

私と会話すると楽しそうにしている。」

 

「Bさん(10歳下)は、

私が他の男性と話していると

不機嫌になる。」

 

「Cさん(16歳下)は、

いつも私をからかってくる。」

 

 

・・・(;一_一)

 

 

はいはいはい。

 

たぶん全員、恋愛感情は無いからねー。

自意識過剰だからねー。

 

(自分はモテる。)

なぁ~んて思ってる人ほど、

勘違いが多かったりします。

 

 

本気で「付き合って下さい!」

とでも言われない限りは、

「モテた」カウントはしちゃダメです!

特に、おばさんの場合は!

 

 

でも、

きれいな熟女ならアリという話は

よく耳にします。

 

百合ちゃん役の石田ゆり子さんは、

若い男性のカキコミでも、

「かわいい!」

「がっきーよりもいい!」

と、大絶賛でした。

(まだ50代ではありませんが)

 

なので、もしあなたが

恋愛を諦めたアラフィフだとしたら、

「もう50代だから」

と諦めるよりも、

 

「50代でもイケる・・・」

と思わせるぐらい、

自分を磨いて頑張って欲しいと思います。

 

諦めたら、汚いおばさんに一直線ですよ!

 

 

 

(ネタバレ注意!)原作の百合ちゃんと風見さんの結末は・・・

 

ネタバレが含まれるので、

知りたくないかたは、

これ以降は読まないで下さいね!

 

原作のほうも、ドラマと数日違いで

最終回を迎えました。

12月24日発売の『Kiss』に掲載されたのが

最終話。

 

そしてやはり、

「淡々としていて、最終回の実感なし!」

という終わりかたでした(^^;)

 

細かい設定以外は、ドラマと似たような

終わりかたです。

 

ドラマのほうでは、たくさんのエピソードを

ぎゅうぎゅう詰めにして、

無理やり感いっぱいでしたが。

 

みくりと津崎さんは入籍して、

契約結婚ではなく、

正式な夫婦となりました。

 

 

で。百合ちゃんと風見さんですが、

こちらもドラマの展開と大差ありません。

 

ただ、ドラマでは百合ちゃんは

割と早めに決断しましたが、

原作では、ずいぶん悩みました。

 

ポジティブ・モンスターのおかげで、

風見さんが百合ちゃんに、

再告白に来たのは、

ドラマも原作も同じ展開です。

(ポジティブ・モンスターは、

原作ではあそこまで嫌味な女じゃ

ありません。)

 

結果的にドラマ同様、

百合ちゃんは風見さんの気持ちを受け入れ、

二人はキスをするんですが、

原作ではその後、風見さんが、

「泊りに行っていい?」

と、急展開!!!

 

原作の百合ちゃんは、

「男性経験のないまま閉経した」

「これで女としての役目は終わった」

と思っていたので、

 

風見さんのひと言に、超ビビっちゃうわけです。

 

結局、

「今すぐってわけじゃないですよ。」

と、風見さんは笑って無理強いしなかったので、

それ以上、進展はなかったんですが・・・。

 

う~ん。描いて欲しかったですね~。

閉経後に経験しちゃった百合ちゃんを!

 

 

 

でも実際に、

恋愛をして女性ホルモンが活性化されると、

生理再開ってことがあるかも知れませんよ。

 

私の母はちょい昔、

韓流スターに入れあげたら、

女性ホルモンがめちゃくちゃ

活発になったそうです。

(具体的な内容は書けませんが・・・汗)

 

 

話を戻しますと、

 

最終回の段階では、

ふたりが付き合い始めたことを

みくりにも津崎さんにも、

まだ内緒にしていて、

 

仲の良いふたりを見た津崎さんが、

「意外とあの2人って

お似合いですよね。」

とみくりに語るシーンで、

この逆歳の差カップルの出番は

終了となります。

 

・・・なんか消化不良ーっ(;´Д`)

 

ドラマでも原作でも、スピンオフで

2人のその後を描いて欲しいです!

 

 

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]