自分で車のドアにぶつけたケガで自動車保険金が支払われた話①(人身傷害保険と搭乗者傷害保険)こんにちは!こんばんは!

かっぽです。

 

 

今回は、

● 運転中じゃないのに

● 車に乗っていなかったのに

● 自分でぶつけたのに

 

それなのに、自動車保険が支払われた(≧▽≦)ノ♪

 

という、ヒジョーにありがたかった

わたしの体験談です。

 

 

 

100%自分の不注意!しかも搭乗中ではない。

 

2015年11月のこと。

 

私はハッチバック式の自分の車の

トランクルーム

(って言うのかな?ハッチバックでも)

荷物を積んでドアを閉めたら、

「ガツン!」

と、本当に目から火花が飛び散るほど

激しく頭をぶつけました。

 

↓こーゆータイプの車です。(ちなみに私の車ではありません。)

【画像参照元】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9

 

 

後部のドアが上に開くタイプの車で、

しかも、

私の身長よりずっと高く上がります。

 

ドアが大きい分、重さもあり、

閉める時は結構、力を入れます。

 

もちろん、ドアが降下してくるときは、

避けないと頭上からダメージを受け危険。

 

おまけに、

駐車した場所の地面の勾配次第で、

ジャンプしてドアをつかまないと

閉められない時もあります。

(ちなみに私の身長は160cmですが)

 

 

その日も普段通り、

きちんとドアを避けたつもりなのに、

 

グワッツーーーーン☆☆☆

 

なぜか頭を直撃・・・(◎_◎;)

 

激突した割には触ると痛い程度で、

特に何の影響もなく、

たんこぶもできず楽観視していました。

 

ところが気づかぬうちに、

じわりじわりと

頭の中に血が蓄積されていたようです。

 

それが2か月以上も経ってから、

頭蓋骨の中の大量の出血が発覚

 

頭蓋骨に穴を開け、

ドピュッと血を抜くという手術を行い、

命拾いしました。

 

放置していたら、命を落としていたぐらい

大変な大けがでした。

 

その時の詳細はこちらです。

 

【 関連記事 】

⇒ 【慢性硬膜下血腫】頭をぶつけて左半身麻痺と痴呆症!「人生終わった」と思った瞬間

 

 

最初は病気による出血だと

思い込んでいましたが、

医師から「怪我によるもの」と教えられ、

そこで生命保険会社には、「ケガ」ということで

保険金の請求をしました。

 

ケガと病気では、

支払われる保険金の金額が違うので、

正直(ホッ)としました。

(病気より怪我のほうが

支払われる金額が多いので。)

 

 

退院後のことです。

 

タンスの引き出しから、

保険証券を引っ張り出した時に、

ふと、自動車保険の証券が目に入りました。

 

(自動車保険かぁ・・・。

まあ無理だろうけど、

一応、車でケガしているし、

聞いてみようかな・・・)

と思って、ダメ元で自動車保険の

フリーダイヤルに電話してみたんです。

 

「自動車保険」

・・・損害賠償保険のことです。

 

その時、わたしは

(保険金が支払われることはないだろう)

と、99%思っていました。

 

だって、

1.完全に自分の不注意でケガをした。

2.車のエンジンは止まっていた。

3.車から降りていた。

4.荷物を積み込んでいたので、

  乗り降りしたはずみのケガではない。

 

車のドアにぶつけたので、

一応、原因は車とは言え、

「自動車事故」ってわけでもないし・・・。

 

 

だから、

(まあ十中八九、無理だろうなぁ~)

と思っていたのです。

 

「じゃあ何で電話したんだ?」

と聞かれると、残り1%は、

「損害保険の特約」

のことが、脳裏をよぎったからです。

 

 

Sponsored Links

 

 

自動車保険って、

なんだかよく分からない「特約」っていうものが、

いっぱいくっついていますよね。

 

それこそ、損害保険会社や、

自分の契約した保険のタイプによって

補償内容はまちまちなんですけど、

 

あまりにもいろんなタイプの「保障」

なるものがくっついて、

自分で契約しておきながら、

全く把握できてない・・・。

 

しかも、ずーっとズボラこいて、

「自動更新」のまま

補償内容もろくに確認もせずに

放置していました。

 

 

その間、

規約変更や補償内容の変更が

あった気配もあり、

ますます把握できていない。

 

自動車保険の中には、

 

「車の事故とは関係なしに

保険金が支払われる。」

な~んてものもあるようなので、

 

(私の加入している自動車保険も、

そういう特約が付いているかも!)

 

と思って、フリーダイヤルに

質問の電話をしてみたんです。

 

 

 

「担当者から折り返します」・・・え?マジ?

 

繰り返すようですが、

私は99%、支払われないと思っていました。

 

なので損害保険会社(以降、損保)に電話をした際、

 

「あのぅ~。

完全に自分でぶつけてできたケガで、

おまけに、車に乗っていなかったので、

たぶん該当しないとは思うんですが、

 

もしかしたら、何か当てはまる特約なんて、

あったりしませんか?」

 

 

フリーダイヤルの電話向こうの女性に、

確かこんな聞き方をしたと記憶しています。

 

(注:正確な会話の内容は覚えていないので、

以降、“こんなニュアンスで会話した”

という認識でお読みください。)

 

「申しわけございませんが、

エンジンがかかっておらず、

ご搭乗中ではないお怪我の場合、

支払い対象となる補償はございません。」

 

そんな答が返ってくると

完全に思っていました。

 

ところが!

 

「あらためて担当の者から

お電話いたしますので・・・」

 

という返事が返ってきたのです。

 

(えっ?あらためて?担当から?)

 

実は、これはかえって困りました。

だって、こんな回答されたら、

(おっ!支払われる可能性あるの?)

って、どうしても期待しちゃうじゃないですか!

 

なので、

「え?では何かに当てはまるってことですか?

ゼロではないってことですか?」

と聞き返したんですよ。

 

(うーっ!下手に期待させないでくれ~。

断るなら、この場で断ってくれいっ!)

って気持ちでした。

 

ところが、

「はい。多少関わる点もございますので、

お調べして、担当者からお電話いたします。」

 

ですって!

 

(いや、まだまだ分からんぞ!

期待しちゃいかん!)

と思うものの、ついつい心のどこかで

期待し始めた自分がいます。

 

(ダメダメ!これで担当者から、

“該当はございませんでした”なんて言われたら、

ガッカリ度が高くなるじゃん!

期待しちゃダメダメー!)

 

と、何度自分に言い聞かせても、

私の心は既に「期待」モードに入っている(汗)

 

とは言え、やはりこの時点でも、

「保険金の支払いはない」という確率のほうが

高いと思っていました。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

搭乗者傷害保険で100万円!?

 

その後、今回の私の「事故」の

担当者さんから連絡がありました。

 

物がぶつかって、突発的なケガをしたので、

確かに「事故」という扱いになります。

 

担当者さんは、

人身傷害保険搭乗者傷害保険

該当する可能性がある。」

とおっしゃっていました。

 

ここでも私はしつこく、

フリーダイヤルの女性に聞いたのと

同じようなことを確認したのです。

 

だって、いくら車がらみのケガとは言え、

 

● 自分の車

● エンジンかかってない

● 完全に車から降りている

● 荷物を積んでいた

● 自分の不注意のケガ

 

なので、「交通事故」ではありません。

 

 

それなのに、自動車保険の中でもメジャーな、

「人身傷害保険」

「搭乗者傷害保険」

に該当するなんて、

にわかには信じられなかったんです。

 

いいとこ、ファミリーバイク特約のような、

おまけのような特約が絡む程度だと

思っていました。

 

 

 

ところで今さらですが、

「搭乗者傷害保険」

ってなに!?

 

自動車事故により、

ご契約のお車に搭乗中の方が死傷した場合に、

死亡保険金、後遺障害保険金および

医療保険金をお支払いします。

 

なお、医療保険金については、

入通院日数4日以内の場合は1万円、

 

5日以上の場合は部位・症状に応じて

10万円・30万円・50万円・100万円の

いずれかの一時金をお支払いします。

 

これは、わたしが契約中の損保からの引用です。

 

搭乗者傷害保険は一定条件を満たした段階で、

規定の金額が支払われる保険のようです。

 

退院後に通院中で、治療が継続していても

治療の終了を待たずに支払われるようです。

 

私は5日以上の入院。

部位別・症状別では、

頭部の手術だったので、

1番高い100万円となります。

 

「ひゃっ、ひゃくまんえーん!?」

 

いやいや、

まだ決まったわけじゃない!

期待しちゃ、いかん!いかん!

・・・と自分に言い聞かせつつ

 

やっぱ、期待しちゃいますよねー(*´Д`)

 

100万円。大きすぎる金額です。

うっとり・・・。

 

 

⇒ (つづき)

 

 

 

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]