セルライトを破壊して解消する、キャビテーションとラジオ波 

『セルライト』を撃退するには、エステへ通って”ラジオ波”を当てるのが効果的と言いますが・・・

「それってホント!?」

ラジオ波ってなに?

エステの施術でかかる費用は?

その効果は?

気になって、調べてみました。

犬とタコとペンギンの会話(キャビテーション)

inu犬(私=かっぽ)です。

takoタコ(長女)です。

PENぺんぺん(次女)です。

 今回は何と!理系女子の次女も登場します。

 はじまりはじまり~ (´・ω・`)

*************************************

 

スポンサードリンク


 

tako「お母~。昨日の音声の中で、

  “セルライトを退治するには、エステでラジオ波・・・”

   …って言ってたじゃん。ラジオ波って何かリサーチした?」

inu「“退治”とは言ってなかったぞ。

    相変わらず“オレ様”なモノ言いだわね。この娘は…。(*´з`)」

tako「で?ラジオ波ってなにさ。ラジオとなんか関係あんの?」

inu「“ラジオ”って、オールナイトニッポンなどを放送してるラジオ?」

tako「いまの、おやじギャグにつもり?エステのラジオでしょ!」

inu「いやいや。あのラジオと同じようなもんだよ。」

tako「どゆこと~?」

inu「ラジオなどに使われる、無線電波を使っているんだって。」

tako「へえ~(´゚д゚`)」

inu「んで。調べてみると、ラジオ波のエステでは、

   “キャビテーション”というものを併用

    することが多い。」
takoキャビテーション~~~???あー!もう、あたしの脳力の限界。

    うちのリケジョはどうした!説明よろー!」

inu「リケジョ…。小保方さんかって!

    おーい!うちの理系女子~(^^)ノ」

PEN「なに!リケジョリケジョってうるさいなぁ(一一”)」

tako「おい、お前!キャビテーションラジオ波を説明しろ!」

inu「あのさ~。人にものを尋ねるのに、そのジャイアン口調はないでしょー!!!」

PEN「慣れてるからいいよ!(-_-)」

 

スポンサードリンク


 

inu「あのぅ…。リケジョの説明は難しくなりがちだから、

    おバカなジャイアンにも分かるように、よろしく。」

PEN「物理の面からではなく、エステの面から説明すればいいのね。」

tako「来たよリケジョ!物理だって~。」

inu「いいから!大人しく聞いてなさいっ!(一一メ)」

PEN「キャビテーションっていうのは、空洞現象とも言って、

    脂肪の中だけに発生するってわけじゃないけど。

    エステの場合は脂肪に働きかけてるみたいだね。」

tako「もっと分かり易く説明してくれ。」

PEN「液体っていうのは、

   繰り返し振動を与えると、圧力差が生まれるのね。

    その圧力差が要因で、

   次は気泡ができるってわけ。」

tako「気泡って?」

PEN「簡単に言うと、空気の塊(かたまり)。

    ちょっと違うけど、しゃぼん玉をイメージすれば理解しやすい。

inu「エステでは、超音波器具を使って、脂肪細胞に振動を与えてるんだって。」

PEN「その“しゃぼん玉”は、中の空気の圧力が高くなると破裂する。

    エステでは高周波を使って、それを小刻みに起こしてるんだね。きっと。」

tako「ところでさぁ…。このキモイ写真、なに?」

PENキャビテーションによって、

         脂肪細胞が分解される経過の写真

   

    ↓これは、キャビテーションする前の脂肪細胞。

    ガッチリとくっついて組織化されてる状態。」

kya1

PEN「↓これは、キャビテーションの施術を開始したばかりの頃。」

kya2

tako「おお!もう気泡ができてる~~~(+o+)」

PEN「↓これが施術開始約5分後。」

kya3

 

 

PEN「↓こっちは乳化(液体化)した脂肪細胞。」

kya4

 

 

PEN「↓更に、脂肪細胞の破壊が進んだ状態。」

kya5

 

 

tako「おおおー!細胞の形無くなってる~( ̄▽ ̄)」

inu「その気泡の破裂によって、

   脂肪細胞が燃焼し易くなるんだって。

   脂肪を乳化してくれるらしいよ。」

tako乳化?分解するってこと?」

PEN“分解”は分子を小さくすること

    乳化は、脂肪を粒子(細かい粒)にして、水と混ざりやすくする。」

tako「つまり?」

inu「お母さんが使ってるオリーブオイル製のクレンジングがあるでしょ?

    あれって最初は油なのに、洗い流すと白く濁った水になる。」

tako「あー。分かる分かる。それが乳化かぁ…。」

PEN「それと同じように、固まっていた脂肪が乳化して、

   リンパ液のような液体に溶けやすくなるから、

   老廃物として排出されやすくなる。」

inu「あと、脂肪が乳化しちゃえば、

    それが再度、脂肪に戻ることはほとんど無いよね。」

tako「お母のクレンジングオイルが乳化した後、

    オイルには戻らないのと一緒ってことだね。」

PEN「で。エステでキャビテーションとラジオ波を併用することが多いのは、

    ラジオ波によるジュール熱を利用して、より効果的に脂肪を分解したいから。」

tako「は?じゅーる???」

inu「はいはいはいはい~。

    一度に詰め込むと、タコの脳ミソが液体化しちゃうから、

    続きは後日にしようねー(^-^;」

PEN「りょーかい。」

このページとよく似たページ:

LINEで送る
[`evernote` not found]