限界団地の結末ネタバレ予想!真犯人は誰?佐野史郎じゃない?

Google スポンサーリンク

目次

 

2018年6月2日にスタートした深夜ドラマ

『限界団地』

佐野史郎さんが主演ですが・・・

 

・・・怖いっ!!!

マジで怖い!

 

しょっぱなから、めちゃくちゃ怖いです!

深夜に観るドラマじゃありませんっ!

 

私は番宣もあらすじも全く知らずに入っていたので、

「年寄りが立ち上がって町内会を改革する、

ほのぼのドラマ」

だと思いこんでおりました。

 

ところが!

 

『リング』並に体中を縛り付けるような、

ジワリジワリと来る恐怖感!

(幽霊ネタもありますが、たぶん貞子は出ません 笑)

 

冒頭からすぐ、このドラマに引き込まれました。

 

※画像はTwitter番組公式アカウントの埋め込み機能で表示しております。

 

今後の展開が期待大のドラマなので、

ぜひ観ることをおすすめしたいです!

 


【7月29日 追記】

こちらに最終回視聴後のネタバレ・感想を

新たに書き起こしました。

ぜひご覧下さい!

限界団地 最終回ネタバレ!寺内は真犯人ではなく実行犯?黒幕はサイコパス穂乃香!?

 

 

限界団地に原作はあるの?

 

どうやら『限界団地』には、原作は無いようです。

完全にオリジナル作品です。

 

その分、心底ハラハラしながら観ることができますね♪

 

スポンサーリンク

 

佐野史郎が犯人!?立て続けに起こる事件

 

『限界団地』は、冒頭から火事で始まります!

 

もう、そこから寺内こと佐野史郎さんの

怪しさ全開!って感じです。

 

火事の原因は寺内?

 

火に照らされた薄暗闇の中で、

うさぎのぬいぐるみを拾い上げる手。

 

誰の手なのか分かりません。

 

次のシーンでは、

自宅が燃えていくのを冷静に見つめる寺内(佐野史郎)。

肩には、助け出した孫娘・穂乃花(渡邊詩)を抱え直立不動。

 

この火事で、息子夫婦を失っています。

 

ここで早くも、

「うわっ!寺内、あやしぃ~!」

という印象で物語が始まります!

 

事件に巻き込まれ始める隣人家族

 

その火事から1年後。

 

寺内と孫娘・穂乃花が、「あやめ町団地」に

引っ越して来ます。

 

そして隣人の桜井家に挨拶にやってきます。

 

※画像はTwitter番組公式アカウントの埋め込み機能で表示しております。

 

うわ~!

「隣人」ってシチュエーション、怖いですね~!

 

引っ越してきた隣人の狂気は、

度々ドラマのネタになっています。

 

おまけに、隣人にソースを借りにくるという

寺内の馴れ馴れしさ。

 

“隣人にやたら馴れ馴れしい”

というのも、

隣人が事件に巻き込まれるあるあるネタです。

 

寺内の老いた父親もターゲット?

 

最初は寺内と孫娘の2人きりだと思っていたのですが、

後から寺内の老いた父親も登場。

 

引っ越しの間、

ホームにショートステイしていたとのこと。

 

どうやら3人で住む様子です。

 

軽くアルツハイマーを患っているようで、

寺内は孫を育てながら、老老介護をしています。

 

「この寺内のお父さんも、後々亡くなるのでは!?」

と、疑わずにいられない演出方法。

 

佐野史郎さんの演技とこのドラマの監督、

小憎いですね-!

 

「給水塔」も怪しい

 

引っ越してきた寺内は、

ベランダで孫娘を抱き上げながら

近くに「給水塔」がある話をします。

 

この「給水塔」のキーワードに

なにかの事件の「伏線」じゃないかと、

ついつい反応してしまう私。

 

給水塔や浄水層は、

ホラー映画や事件性のあるドラマなどに

何かと登場するアイテムですよね!

 

寺内を恨む息子の妻の母親

 

寺内をつけ狙う年配女性が現れます。

火事で亡くなった息子の妻の母親、

菊池史代(朝加真由美)です。

 

孫を溺愛する寺内が、穂乃花を独り占めにしたくて、

仕組んだ火事だと騒ぐ史代。

(寺内は息子夫婦とは、

同居ではなかったことがここで判明。)

 

これも後々、亡くなりそうなキャラです。

 

スポンサーリンク

 

穂乃花を傷つけた松本さんが不審死!

 

燃えるゴミの日に木製本棚を出した

松本さんというおじいさん。

 

寺内の隣人、桜井江理子(足立梨花)が注意するも、

言うことも聴かずに、粗大ごみを出したまま

去ってしまいます。

 

寺内はその本棚を斧で壊し、

燃えるゴミとして出せるサイズに。

 

この松本さんに穂乃花は手紙を書いて

持って行くのですが、

穂乃花に大声で暴言を吐き、追い返します。

 

それを遠巻きに見ていた寺内の厳しい顔!

 

ある夜、寺内が松本さん宅を訪問。

 

後日、松本さん宅からずっと水音が止まらないのを

不審に思った隣人が、町内会長を引き連れて

室内に入ります。

 

そこには浴槽で血まみれで倒れている松本さんの姿が!

 

腰を抜かす主婦の横には、

寺内が松本さんに差し入れた日本酒の瓶があり、

意味ありげにクローズアップされます。

 

孫娘をいじめる同級生タケシ宅が火事!

 

寺内の孫娘・穂乃花が同級生のタケシを叩いたと、

その母親がクレームを付けにやって来ました。

 

その理由は、

タケシが「あやめ町団地」に住む穂乃花を

罵ったことでした。

 

タケシの母親までもが、寺内に対して、

「あやめ町団地」のことを全否定の上、

孫を育てる寺内に対して蔑む言葉を浴びせる始末。

 

寺内の「タケシくんに謝ろうね。」という言葉で、

穂乃花はタケシくんへの謝罪の手紙を書きます。

 

ところがタケシの母親は、

罵りながら穂乃花の眼の前で手紙を破り捨てます。

 

そのため、

「学校に行きたくない。」

と言い出す穂乃花。

 

「大丈夫だよ穂乃花。明日は楽しく学校へ行ける。」

と答える寺内。

 

するとその晩、

タケシくんの家が火事になります。

 

激しく燃え盛るタケシくんの豪邸。

 

暗闇でランニングする寺内。

 

ここでも「寺内が放火した?」

という演出がなされています。

 

スポンサーリンク

 

亡き妻に会いたい父の旧友・与田さん

 

古くから「あやめ町団地」に住む与田さん。

 

寺内の父親の旧友で、寺内の子供時代を

知っている人物です。

 

与田さんは寺内にとても協力的で、性格も良い人。

 

ある日寺内は、

自分が作ったおかずを与田さんに差し入れします。

 

寺内の手料理に、亡き妻を思い出した与田さん。

 

亡くなった妻に会いたいと、激しく泣き崩れます。

 

それを無表情で見下ろす寺内。

 

亡くなった妻に会わせようと

考えているかのような表情です。

 

後日、首を吊った与田さんが、

遺体となって発見されました。

 

 

寺内の思い通りになりつつある町内会

 

ふたりの老人の孤独死により、

近所間の繋がりを持つべきだと考え始めた

「あやめ町団地」の人々。

 

昔のようにご近所のつながりを

復活させたいと願う、寺内の思惑通りです。

 

こうして、廃止されていた「回覧板」も復活。

 

しかし次回の予告でも、事件が続く気配を

匂わせています。

 

スポンサーリンク

 

脚本家が『火の粉』と同じ

 

ここまで「寺内が犯人でしょ!」という場面ばかりだと、

かえって「犯人候補」から外されそうな寺内。

 

でも、油断大敵です!!!

 

何と言っても、限界団地の脚本は、

香坂隆史氏

です!

 

『火の粉』と同じ脚本家なのです!

 

ちなみに『火の粉』は、2016年4月から、

『限界団地』と同じ枠の「オトナの土ドラ」で、

ユースケ・サンタマリアさん主演で放送されたドラマです。

 

『火の粉』

梶間家の隣に武内真伍(ユースケ・サンタマリア)という男が引っ越してくる。

手作りのバウムクーヘンや大量の各地の名産品を持って挨拶にきた武内は、自分は元裁判官の勲(伊武雅刀)が無罪判決を下した事件の元被告人でとても感謝していると打ち明ける。

薄気味悪く思う雪見(優香)の気持ちとは裏腹に、武内は姑の介護に身も心も疲れ果てている尋恵(朝加真由美)に代わって梶間家で介護を手伝ったり、敏郎(大倉孝二)の就職活動の手助けをしたりして、次第に梶間家の日常に入り込んでいく。

Wikipediaより引用

 

あれも心理的にゾクッとさせられる

怖~いドラマでした。

 

効果音で恐怖心を煽る手法などは、

まるっきり同じです。

 

しかも、

ユースケさん演じる武内は

本当は善人じゃないかと思わせてみたり、

すると今度は、

やっぱりこいつが犯人だ!

と思わせてみたりと、まんまと騙されました!

 

そのため、『限界団地』でも

 

「次々と起こる事件の犯人が

寺内(佐野史郎)だと思わせる演出だけど、

本当は違うっていうオチだよね~?」

 

というような、タカをくくってはいけません!

 

『火の粉』パターンだった場合、

「ああ、やっぱり寺内の仕業だったんだ!」

で終わることは、いくらでも考えられますので!

 

毎晩バームクーヘンを焼く

ユースケ・サンタマリアさんの姿と、

一心不乱にミシンを踏む佐野史郎さんの姿が

重なります。

 

 

真犯人と結末の予想!

 

・・・ということで!

 

ドラマが始まって早々に結論を出すのも何ですが(笑)

原作もないこともあり、私の勝手な推測を述べてみます。

 

真犯人は!?

 

まず、全ての事件の犯人ですが、

 

犯人はいない!全ては偶然!!!

というのが私の予想です。

 

いかにも事件めいていて、

いかにも寺内が関わっているように見せかけていますが、

全部、偶然起きた事件だと考えます。

 

限界団地の結末は?

 

これも、平和に終わるんじゃないかと

思っています。

 

いかにも事件めいたように見せておいて、

とどのつまりは、

「近所との関わりが希薄になった町内会を

懸命に改革した老人」

というだけの話じゃないかと思います。

 

この予想が当たるか外れるかは、

最終回の時にまたご確認下さいね!

 

【7月28日 追記】

最終回視聴後のネタバレ感想はこちらです↓

限界団地 最終回ネタバレ!寺内は真犯人ではなく実行犯?黒幕はサイコパス穂乃香!?