甘々娘 静岡県森町のとうもろこしは通販でお取り寄せできる?鈴木農園の駐車場と空いている時間は?

Google スポンサーリンク

目次

 

NHK総合で放送の

『うまいッ!』

7月1日(日)に放送されるのは、

「果実より甘い、朝採れとうもろこし」

 

静岡県森町特産品で糖度が高いとうもろこしというのは、

 

その名も

甘々娘(かんかんむすめ)!

(昭和初期を感じるネーミングですね。 笑)

 

スポンサーリンク

 

このシーズンにはたくさんの直売所が開かれ、

朝6時の開店に向けて、

朝4時ぐらいから朝採れスイートコーンを求める行列が

あちらこちらにできるそうです。

 

その中でも特に有名なのが

「遠州森町 鈴木農園」

 

鈴木農園は、テレビ等での取材も多いようで、

『嵐にしやがれ』6月30日の放送で

櫻井翔くんがロケに訪れた農園でもあります。

嵐にしやがれで櫻井翔が食べたとうもろこしは通販でお取り寄せできる?

 

甘々娘の鈴木農園の場所

 

この甘々娘という、とうもろこしの品種は、

ここ数年で急激に人気が出たようです。

 

そのため、いまや地元では

6月頃になると、30ほどある直売所が早朝から行列になり、

その中でも、知名度が高い鈴木農園さんの混雑は

すごいそうです。

 

【 鈴木農園 】

〒437-0225 静岡県周智郡森町谷中260−1

TEL 0538-85-4815

※新東名高速道路森掛川I.Cから車で約5分

 または、新東名高速道路の遠州森スマートI.Cから車で約6分

 

 

一面、「畑っ!」って感じですね(^^)

東京ドーム約3.2個分の広さとのこと。

 

静岡市から行くのも、時間がかかりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

鈴木農園の駐車場は?

 

駐車場は道路ぎわに7台分。

直売所裏側に約30台分。

少し離れた屋台小屋や、地区防災センターにも

駐車スペースがあるそうです。

 

シーズン中の土日には、

交通整理の誘導員さんが配置されています。

 

混雑時間を避けるには

 

シーズン真っ只中の鈴木農園は

半端じゃないほどの混雑ぶり。

 

平日は夜明け前から並び始める人もおり、

休日前には夜中から並ぶ人もいるそうです。

 

混雑をできるだけ避けたい場合は、

雨天の早朝が比較的、空いているそうです。

 

平日の午後に、運よく並ばずに買えることもあるそう。

しかも、B級品を激安で買えるチャンスもあるらしいのです!

 

ただし、

その日の出荷分が品切れしている場合もありますので、

鈴木農園さんの公式HPで販売時間を

確認の上、出かけたほうが良いです。

 

スポンサーリンク

 

遠州森町とうもろこしMAP

 

静岡県森町では、とうもろこしの直売所の地図が

PDFでダウンロードできます。

⇒ 森町とうもろこし直売マップはこちら

 

午前中で販売を終えてしまう直売所も多いとのことですので、

「何としてでも、本日買って帰らなければ!」

というかたには、この地図がお役に立てるかも知れません。

 

鈴木農園の甘々娘は通販でお取り寄せできる?

 

朝6時開店で、

しかも夜明け前や前日の夜から並ぶ人がいるのでは、

他地域から店頭に並ぶのはとても難しいですよね。

 

その場合、鈴木農園さん公式ホームページより、

直販での地方発送が可能です。

 

⇒ 鈴木農園 甘々娘 販売ページ

※シーズンオフなどでリンク切れの場合は

ご了承願います。

 

ただ、クール便のため

送料を足すと、高額になってしまいます。

 

もともと、「甘々娘」という品種は、

他地域や他の農園でも栽培されていますので、

楽天市場、Amazon、Yahoo!ショップなどでも

購入できます。

 

 
通販での購入もアリ!ですよね。
 
 

甘々娘のシーズンが終わったら森の甘太郎!

 
甘々娘のシーズンが終わってしまったら、
今年はもう、激甘のスイーツコーンを
味わえなくなるでんしょうか?
 
 
いえいえ!大丈夫です!
 
甘々娘と同じ甘さの
「甘太郎(かんたろう)」
という品種があります♪
 
甘太郎は甘々娘よりも、収穫シーズンは少し遅いので、
甘々娘のシーズンを逃してしまっても、
スイーツコーンを味わえます!
 
 
 
今年は「甘太郎」で甘いとうもろこしを味わって、
来年こそはリベンジで「甘々娘」を味わうのも
アリかも知れませんね!
 
 
甘々娘の美味しい食べ方は
こちらの記事に掲載しています。